Hatena::Groupmkdir

作業ログとかをメモする場所。

2012-11-05

Mac OS X Mountain Lion でのpLaTeX環境構築

| 10:51

学部4年生のときにMac OS X Snow LeopardでのLaTeX環境についてまとめたのがあったのだけど、そろそろまた必要な季節になってきたのでMountain Lion版を書きます。

GhostscriptとImagemagickインストール

これは、元々Homebrewで入れていた環境をそのまま持ってきていたので書いているのですが、「Homebrewって何?」という人は次のMacTexに進んだほうがいいと思います。

Homebrewを使っている人であれば、TeXHomebrewで入れたいところですが、やろうとするとMacTeX使えと言われるので、ここではGhostscriptとImagemagickだけ入れます。

brew install ghostscript
brew install imagemagick

MacTeXのインストール

以前はDrag&Drop pTeXを使っていたのだけど、今回はMacTeXを使います。MacTeXはパッケージサイズが大きくてダウンロードがしんどいのですが、/usr/texbinというわりと普通な場所にインストールされるので、コマンドラインから使いたい人には向いているはずです。大きいファイルのダウンロードが嫌で、TeXShopやその他のGUIソフトしか使わないよ!という方は以前の記事のほうを参考にしてください。

インストール方法については2012年、Mac(Lion)とTeXと日本語と、あとhomebrew - A Way of Codeを参考にしました。ただし、この記事だとまだTex Live 2011ベースなので注意が必要です。

http://www.tug.org/mactex/アクセスして、MacTeX.pkg というリンクをクリックしてダウンロード。サイズがなんと2GBあるのでおとなしく待つ。

インストールが終わったら、しばらく「続ける」をクリック。利用許諾契約に同意すると、4.06GBを使う旨が表示されるので、

http://gyazo.com/773bde0150cbea6cbfa0f7f21da2da91.png

ここで、「カスタマイズ」を押して、パッケージ選択画面を出す。

http://gyazo.com/ff9056b11a37bba5e9c3e9a8d6868a17.png

必要なのは一番上のTeXLive-2012だけなので、これ以外のチェックを外す。ただし、上でGhostscriptとImagemagickを入れてない場合はGhostscriptとConvert-IMは入れておいたほうがいいかもしれない(よく知らない)

あとはしばらく待っていればインストールが終わる。

コマンドラインでの使用

(飛ばしてもいい)

最低限必要なものがインストールし終わったので、この時点で既にコマンドラインでの使用は既にできるようになっているはず。LaTeXの書類があるディレクトリに移動して以下のコマンドを叩けばPDFが生成されるはず

platex -kanji=euc paper # paper.texをコンパイルする。文字コードがShift_JISなら-kanji=sjisにする
dvipdfmx paper # paper.pdfを生成

TeXShopでの使用

MacTeX + TeXShop で日本語を参考にした。

ナウでヤングな若者はコマンドラインで作業できないので、GUIで全作業ができるTeXShopインストールする。

http://pages.uoregon.edu/koch/texshop/

このサイトは昔からどこからダウンロードすればいいのかわからないのだけど、右上の方に小さく「Direct Download: TeXShop 3 for Lion」という部分があるのでそこから。zipで落ちてくるので解凍してApplicationsに放り込む。

そのままだと使えないので、まずTeXShopの環境設定を開いて、左下の「設定プロファイル」から「pTeX (Shift_JIS)」「pTeX (EUC)」を選ぶ。「タイプセット」に移動して「デフォルトスクリプト」をTeX+DVIにして、さらに「内部設定」に移動して、

  • 「パス設定」を /usr/texbin に
  • TeX + dvips + distiller」の「Latex」を「simpdftex platex --mode dvipdfmx --maxpfb --extratexopts "-file-line-error -kanji=sjis" 」(EUCの書類を扱う場合はkanji=eucにする)に

この2つの設定で動くはず。メインウインドウに戻って「タイプセット」を押せばPDFを作るところまでやってプレビューしてくれる。

JosueJosue2013/02/04 02:06These topics are so confusing but this hleepd me get the job done.

AancelalulastfriendAancelalulastfriend2013/02/04 02:06That's a mold-barkeer. Great thinking!

wyglfieknwyglfiekn2013/02/05 14:57pBeYlL , [url=http://nrxdbpfmgkpg.com/]nrxdbpfmgkpg[/url], [link=http://rjbunchqesce.com/]rjbunchqesce[/link], http://wirxnfijfgwe.com/

ixkcrivixkcriv2013/02/05 21:39p1MzT8 <a href="http://xlvuixibxpre.com/">xlvuixibxpre</a>

2012-02-26

Xcode 4.3はコマンドラインツールが別に配布されるようになったらしい

| 11:17

MacBook Proが不調になってきたので再インストールしたのだけど、以前のようにAppStoreからXcodeインストールしたら "/Developer" ディレクトリは作られず、"/Applications" に Xcode.app が作成されただけだった。当然、Terminalを起動してもgccやmakeが通らないし、この状態では Homebrewインストールもできない。

どうやらXcodeは4.3から、 "/Developer" を使うのをやめて、全部 "/Applications/Xcode.app/" の中に必要なファイルを入れるようにしたらしい。じっさい、 "/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/" とかを覗いてみるとそれっぽいツールがたくさんある。

$PATHをここに通してもいいのだけど、Appleさんは Command Line Tools for Xcode というのを出していて、それを使えばこれまでのように "/usr/bin" の中にgccとかmakeとかがインストールされるらしい。

https://developer.apple.com/downloads/index.action から、Command Line Tools for Xcodeダウンロードして、インストールするだけで、特に設定とかも必要ない。Xcode 4.3用のツールなので、gitなんかも入っていて、別途インストールする必要がないのは少しありがたい(本当はXcodeも "/usr/bin" の中のを使ってくれたほうがよかったのだけど……)。XcodeなしでもCommand Line Toolsだけ入れたりできるみたいなので、Obj-Cの開発をしない人(DebianUbuntuでいえば、build-essentialがあればいいような人)は、これだけを入れたほうがいいのかもしれない。

参考 : http://blog.glidenote.com/blog/2012/02/20/command-line-tools-for-xcode/

2011-07-21

Mac OS X を Lion にアップグレードするとmakeとかgccが消える

| 17:33


そんな状態では生きていけない。

Xcodeインストールして、 .bashrc や .zshrc を編集して /Developer/usr/bin を$PATHに追加して生きていけるようになったというやり方だと生きていけないので、/AppliationsにあるInstall Xcode.app を実行しましょう。Appleさんはこういう大事なことはせめてApp Storeに書いたりしておいてほしいですね。

NehaNeha2012/10/14 20:27The truth just shines throguh your post

zcslttlzcslttl2012/10/15 12:12xHykcd <a href="http://kbpngezscglq.com/">kbpngezscglq</a>

zpjzndzlzyzpjzndzlzy2012/10/15 22:03uPtndb , [url=http://ohuddcmoypbf.com/]ohuddcmoypbf[/url], [link=http://nlhedypfssgv.com/]nlhedypfssgv[/link], http://vfzzfhkaqqqp.com/

hexmuchexmuc2012/10/19 17:29u7HxO3 , [url=http://jlmgprglfzal.com/]jlmgprglfzal[/url], [link=http://mscwnwqgwkwk.com/]mscwnwqgwkwk[/link], http://tcwahnefgvdr.com/

2011-06-19

iPod nano の歩数計データが同期される nikeplus.com が不満なのでどうにかしたい(未完了)

| 00:01

歩数計やビデオカメラのある第5世代iPod nanoを使っているのだけど、この歩数計のデータが同期される Nikeplus.com がちょっとダメな子すぎて使い物にならないので、どうにかしたい。

具体的にどこら辺がダメかというと、

  • サイトが重いし使い方が分かりづらい
  • nikeplusで検索して出てくる nikeplusrunnning.nike.com には歩数計関係の機能がない
  • データがどこでどう見られるのかわからない
  • タイムゾーンの設定がどこにもみつからなくて、Twitterに連携させると変な日付で投稿される

nikeplus.comのサイトはなんだかゲームみたいなのを作るほうを頑張っているみたいで、それでランニングする人のモチベーションを保つのはよいことだとは思うけど、ただ記録として使いたい側としては非常に不便。Twitterに投げる機能のタイムゾーンがおかしい件もサポートに英語でメールを送って問い合わせたのだけど、24時間以内に返答するという自動返答メールがあったのに1週間待たされた上、「とりあえずWebサイトのチームに見せてみるよ、たぶんiPod nanoWebサイト以外に何か原因があるんだろうね〜」みたいなメールが返ってきた。全く信用できない。

iPod nano の中身を見る

iPod nanoiTunesで同期作業をしている間はファイルシステムにマウントされてTerminalとかからいろいろ操作できるし、iTunesに繋いだときに「ディスクとして使用する」にチェックを入れておくと主導でアンマウントするまで見えるようになる。僕のiPod nanoはhogenanoという名前になっているので、/Volumes/hogenano/を見ると中身が見えるし、だいたいiPod nanoの中で歩数データがどうなってるか理解できた。

どうやら歩数データは1日ごとに734307_daily.xmlみたいな名前のXMLファイルに入っているようで、iPodディレクトリ以下iPod_Control/Device/Trainer/Workouts/Empeds/pedometer/に蓄積されるらしく、pedometerディレクトリの中で同期してない部分のデータはlatestに、同期済みのデータはsynchedに入るらしい。ワークアウト機能は全然使ってないので正確かどうかわからないけど、現在のワークアウトはpedometer直下のlastWorkout.xmlに保存されるし、synchedディレクトリ2009-10-23 18;43;15.xmlみたいなファイル名のファイルがいくつかあったのでたぶんこういう形で保存されるんだと思う。

とりあえずほしいのは日毎のデータなので、中身を見るとこんな感じだった

<sportsData type="ambient_pedometer">
  <vers>8</vers>
  <runSummary>
    <workoutName>ワークアウトを停止</workoutName>
    <time>2011-06-19T00:00:00+09:00</time>
    <duration>81023000</duration>
    <durationString>22:30'23"</durationString>
    <calories>261</calories>
    <stepCounts>
      <walkBegin>0</walkBegin>
      <walkEnd>8127</walkEnd>
    </stepCounts>
  </runSummary>
  <goal type="Steps" unit="step" value="10000">
    <distance>0.0000</distance>
    <duration>0</duration>
    <calories>0</calories></goal>
    <userInfo>
      <weight>51.0</weight>
      <device></device>
      <hrsID>3020544C</hrsID>
    </userInfo>
    <ipodInfo>
      <model>MC072J</model>
      <softwareVersion>1.0.2 (34A20020)</softwareVersion>
      <serialNumber>YM941HG2739</serialNumber>
    </ipodInfo>
    <startTime>2011-06-19T00:00:00+09:00</startTime>
    <endTime>2011-06-19T22:55:51+09:00</endTime>
    <extendedDataList>
      <extendedData dataType="steps" intervalType="time" intervalUnit="s" intervalValue="600">0, 0, 0, 647, 986, 307, 0, 0, 0, 0, 16, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 12, 7, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 331, 1062, 432, 43, 205, 0, 0, 125, 424, 0, 15, 786, 1002, 1067, 660, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0</extendedData>
    </extendedDataList>
<!--後略-->

どうやらextendDataのところに10分ごとの歩数データがあるし、細かいデータがしっかり取れるっぽい。

これからやること

とりあえずNikeplus.comなんかよりよっぽど詳細なデータが見えることがわかったし、いろいろできそうな気がする。XML読み込んでどっかに送るくらいは簡単に作れそうなので、問題はiPod nanoがつながれたときに自動的に起動するようにすることぐらいか……

shokaishokai2011/06/21 03:04100円ショップで万歩計買ってきて毎日手動ツイートするのが一番楽なのでは・・

2011-05-03

右手を怪我したのでセミコロンで改行するようにした

| 03:45

自転車で転んだ時に右手をついたらしく、右手首が痛い。右手首が痛いと指の動きにも影響がでてしまって、右手の小指をうごかすのがしんどい。そこで、前々からやってみたかった「セミコロンで改行コードが入力されるようにする」というのをやった。MacBookでキー配列をいじるのはkeyremap4macbookを使うのがふつうらしくて、keyremap4macbookにはデフォルトでセミコロンを改行キーにする設定 (Semicolon to Return) がある。セミコロンが完全に打てなくなると困るので、Option_R to Semicolonみたいな設定を使って適当なところをセミコロンにしておく。

ここからさきはUS配列キーボードでの話です

標準であればこれを使っていればいいはずなのだけど、Vimのコマンド (:wqとか) に関しては体が覚えてしまっているので、このままだとコロンを入力しようとして改行をしてしまうというのを繰り返してしまう。そこでシフトキーを押しながらセミコロンを押したときにはちゃんとコロンが入力されるようにした。

keyremap4macbookには自分で設定を追加する機能があって、(あまり使いやすくないけど)専用のXMLファイルを編集して追加できるようなはなしがドキュメントに書いてある。ここに「シフトキーを押しながらセミコロンを押したときには、シフトキーを押しながらセミコロンを押したとして認識する」みたいな設定を追加する。改めて言葉にすると本当に意味が分からない。ついでに、右Optionキーはすこぶる押しにくいので、スペースキーのすぐ右横のコマンドキーをセミコロンにするようにした。

<?xml version="1.0"?>
<root>
	<list>
		<item>
			<name>Shift_Semicolon to Shift_Semicolon</name>
			<identifier>ymrl.shift_semicolon_to_shift_semicolon</identifier>
			<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::SEMICOLON, VK_SHIFT, KeyCode::SEMICOLON, ModifierFlag::SHIFT_L</autogen>
		</item>
		<item>
			<name>Command_R to Semicolon</name>
			<identifier>ymrl.command_r_to_semicolon</identifier>
			<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::COMMAND_R, KeyCode::SEMICOLON</autogen>
		</item>
	</list>
</root>

<!--https://gist.github.com/953872-->

これをデフォルトで入ってるSemicolon to Returnと併用すればかなり快適になる。右手首にやさしい感じ。