Hatena::Groupmkdir

作業ログとかをメモする場所。

 | 

2010-12-19

Mac OS X 10.6 Snow Leopard での TeX 環境構築

| 02:37

TeX 環境に特にこだわりはない(というか詳しくないのでよく知らない)けれども、研究室の論文テンプレートEUC-JPで書かれているのでおとなしくそれに従って環境を構築した。

pTex本体とGhostscriptのインストール

小川先生のサイトから Drag&Drop pTeXと ESP Ghostscriptをダウンロードする。

http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/herogw/

D&D pTeXはとりあえず /Applications ディレクトリに放りこんで、一度実行しておく。ESP GhostscriptはESPGhostscript.pkgを実行してインストール

TexShopインストール

http://pages.uoregon.edu/koch/texshop/

どこからダウンロードすればいいのかよくわからない感じのページだけど、右上のほうに小さく Direct Download と書いてあるところがあるのでそこから落とす。

解凍すると本体が出てくるので、これも /Applications に入れておく

TeXShopの設定

ここでものすごくハマる。小川先生パッケージのpTeXは内部コードがShift_JISなので、-kanji=eucオプションをつける必要があるらしい。

  1. TeXShopの環境設定を開く
  2. 左下の「設定プロファイル」からpTeX (EUC) を選ぶ。これである程度EUC向けの設定になる。
  3. 「内部設定」タブに移動して、パスを下記に変更する。(オプションについてはよくわからないけど、Drag&Drop pTeXのREADMEの設定に -kanji=euc を付けるだけで大丈夫そうな気もする。いちおうもともとあったオプションを残してる)
    • パス設定
    • pdfTeX
      • TeX : pdftex --file-line-error --shell-escape --synctex=1 -kanji=euc
      • LaTeX : pdflatex --file-line-error --shell-escape --synctex=1 -kanji=euc
    • TeX + dvips + distiller

これで @ が作った(改造した)卒論用TeXテンプレートTeXShopで開いてタイプセットしたら無事にPDFが生成されたので、たぶんこれでいいんだとおもう。

 |